奥出直人のJazz的生活


by naohito-okude

テナーサックス練習再開

3年ぶりにテナーサックスの練習を再開することにした。KMDの設立の準備を終えた後も、授業や研究の立ち上げの忙しさにかまけて練習を中断していた。

練習を開始する前に綿密な練習計画を立案した。スケール練習を12の調すべてできちんと行い、基本的なジャズ言語(パターン)を正確に覚えていく。

Decided to resume the practice of the tenor saxophone after three years. After finishing the preparation of establishment of KMD, occupying busy teaching and research of the launch , had suspended the practice.

I developed a detailed exercise plan before I start practicing. Make all 12 harmonic scale exercises properly, accurately remember the basic Jazz language (patterns).

まず行うことは口の周りの筋肉を鍛えることである。アンブシュアを作るのだ。ジャズの教則本を見ると、アンブシュアを構築するためのレッスンはいろいろある。筋肉のトレーニングを行うためには一定期間練習を繰り返すことがとても大事になる。今回は僕はジャズ練習の王道を行ってみたい。Aebersold の方法を地味に行うことにした。

First thing to do is to strengthen the muscles around the mouth. Make my embouchure. Lessons for building the embouchure are variously seen in Jazz Etudes. Repeat the exercise a certain period for training muscles becomes very important. This time I want to go Royal Road Jazz practice. Decided to do the Aebersold's how to in a step-by-step fashion.

Jamey AebersoldのPlay-A-Longシリーズは多くの人が認める定番のジャズの教則本である。そして、最初に仕上げる教則本はvol 24 Major & Minor である。ところが、ジャズを学ぼうという気持ちが先にあるとなかなかここから始めることができない。僕もそうだった。

Play-A-Long series of the Jamey Aebersold is a staple to many people appreciate Jazz Etudes. And is the Etudes finishing first Vol. 24 Major & Minor. However, ahead there is a feeling that to learn Jazz cannot start from here easily. They tend to bypass the basics. I did just that.

ついつい曲を演奏したり、アドリブをコピーしたりする。すると結局は芯のないジャズになるのだ。だが、いまでは僕は若い頃と違ってある程度ジャズがわかっている。なのでここできちんと落ち着いてジャズを基本から学び直してみたいと思ったのである。

Too easy to play a song, or to copy the ad lib. Then, comes the jazz eventually no core. However, the degree is different from when I was younger now know the jazz. So I thought that neatly ensconced here, I want to again learn Jazz from the basics.

c0202370_13513843.jpg


Aebersoldの教則本のいくつかはiTuneから購入することもできる。
Some Aebersold Etudes are also available from iTunes.

さて、レッスンはいくつかのスケールとパターンが組み合わさっているお手本がある。調性はB♭である。テナーサックスではCの調性になるので、一番簡単な指使いで吹くことが出来る。CDには模範演奏が含まれている。それを何度も何度も集中して聴くことが最初の作業である。

Now, involving patterns and some scale models have lessons. Tonality is B flat. Can blow in the easiest fingering because the tonality of C is in the tenor saxophone. The CD contains exemplary playing. It is a first task by listening to and concentrated many times over.

次にお手本に合わせて演奏をする。スケールが何種類かある。Cの調性で書かれている楽譜がこの教則本に含まれている。これを見ながらそして演奏を聴きながら何度も練習をする。次に行うことは楽譜のアナリゼである。

Playing to the following according to the model performance. There are several types of scales. This is the Etudes contains music written in the tonality of C. Watching this while listening to music and while you practice many times. What you have to do next is the analyze of musical notation.

人々はジャズを演奏するときに二つの能力が必要になる。一つはどんな曲でも12の調性で演奏できることだ。もう一つの能力は音楽を移動ド唱法で理解することである。すべての調性の楽譜をド・レ・ミで読む能力である。

When people play the jazz need the two abilities. One is that in the tonality of the 12 can play any tune. The other is the understanding of music in mobile "do" singing technique. The ability to read music notation in all tonality by sol-fa.

楽器のセッティングを行う Instrument settings

テナーサックスはフランスのセルマー マークVI。40年ほどまえに当時サックスを習っていた山口真文さんに選んでもらったもの。非常によく鳴るいい楽器である。ビスを種子島の特別な鍛冶屋さんが作ってくれたものに変えてある。

France Selmer Mark VI tenor sax: One choice to Mr. Mabumi Yamaguchi at that time to about 40 years were learning the saxophone. A good instrument. Well sounds. The change made some special blacksmith's Tanegashima bis.

c0202370_16151691.jpg


マウスピースはオットーリンク。6番。これも良く鳴るいいものである。

Otto link  mouthpiece. Number 6. Is a good one which also sounds better.

c0202370_16181626.jpg


リードはRICOの2番をしばらく使うことにする。昔は3番をつかっていた。
アンブシュアが戻ってきたら3番にしたいと思っている。

Reed to using the RICO 2-for a while. In the old days was by using the No. 3.
That wanting embusher comes back to no. 3.
c0202370_16305754.jpg


今日はこのくらいにしよう。練習がどのように進んでいくかは次に報告することとしたい。

To much for today. Want the following to report and how to practice as I go is.
[PR]
by naohito-okude | 2012-04-13 12:05 | Jazz練習