奥出直人のJazz的生活


by naohito-okude

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

テナーサックス練習第2週

Tenor saxophone practice well rushed into the second week.

準備:
GaragebandにAebersold vol.24の模範演奏をコピーをする。
Garage band に先ほどコピーをしたお手本の最初の部分だけを残して残りは削除する。
 
Preparation:
Copy vol.24 Aebersold's play onto Garageband.
Leave only the first part of the model you just copy to Garage band, delete the rest.

ステップ1:音質を向上させる練習をする 20分。

トーンクオリティについての説明をしておこう。
トーンクオリティは演奏者ごとに違う。体型の違いはトーンクオリティの違いにつながる。好きな演奏者の演奏からお気に入りの曲を選び、それをよく聞いて覚えてしまう。お気に入りの演奏者が使っているからという理由でマウスピースを買わないこと。トーンクオリティを向上させるには、ロングトーンを練習し、メロディをゆっくりと演奏し、録音された音楽を注意深く聴くことである。

Clarification of tone quality.
Tone quality is different from the performers. Differences in body shape produce differences in tone quality. Pick your favorite songs from the favorite performers, listen well and memorize them. Do not buy a mouthpiece for your favorit performer is using the same instrument. To improve the tone quality, practicing the long tone, playing the melody slowly and listening the recorded music carefully.

トーンクオリティ向上のための練習は20分とした。
20 Minutes to practice to improve tone quality

ロングトーンの練習をする。
Long tone practice

ロングトーンの練習はB♭から半音ずつ下がって一番下のB♭まで全音符で。真ん中のCから半音ずつ上がって最初はF♯まで。頭を首の先に出すようにして息を吹き込む。ここまでは問題なし。アンブシュアができあがるまでただ続けるのみ。

Start from B♭ chromatically down to the bottom B♭ in the whole note. Then, up from middle C to F# . Put a head in front of neck, and breathe. So far no problems for me. Only just continue until embouchure is completed.

アンブシュアとは木管楽器を演奏するときの顔の筋肉と唇の使い方のことである。リードとマウスピースを唇を使って密閉するかが重要である。

The embouchure signifies the use of facial muscles and the lips when playing the wind instruments . To seal the read and mouthpiece through lips is important.

時間を見るためにキッチンタイマーをメトロノームと一緒に楽譜台に置く。メトロノームは安定したテンポで演奏することを可能にしてくれる。僕はDB-60を長い間使っている。これはバッテリーで動かすもので、拍(ミーター)とメトリックアクセントを教えてくれる。メトリックアクセントとは小節のなかでどの音をもっとも強く演奏するかである。
c0202370_10522827.jpg

c0202370_10525582.jpg


To see the time put a kitchen timer on the music stand with a metronome, which enable us to keep steady tempo easily. I have used DB-60 for years. This is battery-operated with the capacity to imply meters and metric accents; which notes in the bar play strongly the most.

Step2: 音程 Intervals
インターバルとは音と音の間隔のことである。サックスの場合運指と音をしかり結びつけて覚えることが大切である。この結び付けを強化するためには、メロディをソルフェージュで歌う能力の習得が好ましい。つまり階名を正確に頭の中で歌いながら音程の練習をするのである。1960年代くらいまではジャズミュージシャンは耳で音楽を覚えていった。仕事をしながら学んだのだ。新米はライブの音楽練習の試合場に放り込まれ、そこで演奏しながら学ぶ機会を得たのだ。我々はそのような贅沢はもはやできない。従って、音を聞く能力を身につける方法が必要なのである。

The interval means the interval between one note to the other. It is very important to remember the ties between the fingering of the sax and the note. To enhance the coupling, the ability of singing the melody in solffegio should be acquired. In other words, to practice the pitch while singing the name of the notes in your mind accurately. Jazz musicians learned their music by ear until about the 1960s. It was a learning while working. The beginners were exposed into the live music practice field, which gave them the opportunity to learn while playing. We do not have such luxury any more therefore we need a method to acquire the power to hear the sound.

Step3:分散和音 コードアルペジオ
分散コードはダイアトニック3度だけ。

Step4:スケール
長調
ドリアンマイナー3度と7度をフラットにする。

Step5:パターンと「リック」
64ページから71ページに採譜された楽譜がある。


Step6:すべての調で上記を行う。

以上6つがAebersold vol. 24 で学ぶことである。

Aebersold vol24. で勉強することは以下のことである。

Step1:Tone Quality Improvement 
お手本があるのでそれに従う。

Step2: 音程 Intervals
3度だけ。

Step3:分散和音 コードアルペジオ
ダイアトニックコードだけ。

Step4:スケール
メジャー
ドリアンマイナー(短三度に加えて、短7度)
半音階 

Step5:パターンと「リック」
簡単な採譜された楽譜がある。(64ページから)

Step5: Patterns and Licks
There is a transcribed solo music sheets from a 64p


Step6:すべての調で上記を行う。Evening Up Keys

これがこの本の中身である。

Step 6: Evening Up Keys

It is the content of this book.

最後に秘密兵器を紹介しておこう。中国で健康のために指を動かすといいというので工夫されたものである。健康球という。運指の練習をしている人は知っているかもしれない。これは2〜3ヶ月ほど前にマカオを訪問したときにお店で見つけて買ったものである。

Finally I will introduce a secret weapon. Is a devised in China and moving the finger for health in. They call it the health sphere. May know who has a finger exercise for the music instrument. I purchased it at the store when I visited Macau few months ago.

c0202370_10534370.jpg

[PR]
by naohito-okude | 2012-04-23 00:26 | Jazz練習

テナーサックス練習再開

3年ぶりにテナーサックスの練習を再開することにした。KMDの設立の準備を終えた後も、授業や研究の立ち上げの忙しさにかまけて練習を中断していた。

練習を開始する前に綿密な練習計画を立案した。スケール練習を12の調すべてできちんと行い、基本的なジャズ言語(パターン)を正確に覚えていく。

Decided to resume the practice of the tenor saxophone after three years. After finishing the preparation of establishment of KMD, occupying busy teaching and research of the launch , had suspended the practice.

I developed a detailed exercise plan before I start practicing. Make all 12 harmonic scale exercises properly, accurately remember the basic Jazz language (patterns).

まず行うことは口の周りの筋肉を鍛えることである。アンブシュアを作るのだ。ジャズの教則本を見ると、アンブシュアを構築するためのレッスンはいろいろある。筋肉のトレーニングを行うためには一定期間練習を繰り返すことがとても大事になる。今回は僕はジャズ練習の王道を行ってみたい。Aebersold の方法を地味に行うことにした。

First thing to do is to strengthen the muscles around the mouth. Make my embouchure. Lessons for building the embouchure are variously seen in Jazz Etudes. Repeat the exercise a certain period for training muscles becomes very important. This time I want to go Royal Road Jazz practice. Decided to do the Aebersold's how to in a step-by-step fashion.

Jamey AebersoldのPlay-A-Longシリーズは多くの人が認める定番のジャズの教則本である。そして、最初に仕上げる教則本はvol 24 Major & Minor である。ところが、ジャズを学ぼうという気持ちが先にあるとなかなかここから始めることができない。僕もそうだった。

Play-A-Long series of the Jamey Aebersold is a staple to many people appreciate Jazz Etudes. And is the Etudes finishing first Vol. 24 Major & Minor. However, ahead there is a feeling that to learn Jazz cannot start from here easily. They tend to bypass the basics. I did just that.

ついつい曲を演奏したり、アドリブをコピーしたりする。すると結局は芯のないジャズになるのだ。だが、いまでは僕は若い頃と違ってある程度ジャズがわかっている。なのでここできちんと落ち着いてジャズを基本から学び直してみたいと思ったのである。

Too easy to play a song, or to copy the ad lib. Then, comes the jazz eventually no core. However, the degree is different from when I was younger now know the jazz. So I thought that neatly ensconced here, I want to again learn Jazz from the basics.

c0202370_13513843.jpg


Aebersoldの教則本のいくつかはiTuneから購入することもできる。
Some Aebersold Etudes are also available from iTunes.

さて、レッスンはいくつかのスケールとパターンが組み合わさっているお手本がある。調性はB♭である。テナーサックスではCの調性になるので、一番簡単な指使いで吹くことが出来る。CDには模範演奏が含まれている。それを何度も何度も集中して聴くことが最初の作業である。

Now, involving patterns and some scale models have lessons. Tonality is B flat. Can blow in the easiest fingering because the tonality of C is in the tenor saxophone. The CD contains exemplary playing. It is a first task by listening to and concentrated many times over.

次にお手本に合わせて演奏をする。スケールが何種類かある。Cの調性で書かれている楽譜がこの教則本に含まれている。これを見ながらそして演奏を聴きながら何度も練習をする。次に行うことは楽譜のアナリゼである。

Playing to the following according to the model performance. There are several types of scales. This is the Etudes contains music written in the tonality of C. Watching this while listening to music and while you practice many times. What you have to do next is the analyze of musical notation.

人々はジャズを演奏するときに二つの能力が必要になる。一つはどんな曲でも12の調性で演奏できることだ。もう一つの能力は音楽を移動ド唱法で理解することである。すべての調性の楽譜をド・レ・ミで読む能力である。

When people play the jazz need the two abilities. One is that in the tonality of the 12 can play any tune. The other is the understanding of music in mobile "do" singing technique. The ability to read music notation in all tonality by sol-fa.

楽器のセッティングを行う Instrument settings

テナーサックスはフランスのセルマー マークVI。40年ほどまえに当時サックスを習っていた山口真文さんに選んでもらったもの。非常によく鳴るいい楽器である。ビスを種子島の特別な鍛冶屋さんが作ってくれたものに変えてある。

France Selmer Mark VI tenor sax: One choice to Mr. Mabumi Yamaguchi at that time to about 40 years were learning the saxophone. A good instrument. Well sounds. The change made some special blacksmith's Tanegashima bis.

c0202370_16151691.jpg


マウスピースはオットーリンク。6番。これも良く鳴るいいものである。

Otto link  mouthpiece. Number 6. Is a good one which also sounds better.

c0202370_16181626.jpg


リードはRICOの2番をしばらく使うことにする。昔は3番をつかっていた。
アンブシュアが戻ってきたら3番にしたいと思っている。

Reed to using the RICO 2-for a while. In the old days was by using the No. 3.
That wanting embusher comes back to no. 3.
c0202370_16305754.jpg


今日はこのくらいにしよう。練習がどのように進んでいくかは次に報告することとしたい。

To much for today. Want the following to report and how to practice as I go is.
[PR]
by naohito-okude | 2012-04-13 12:05 | Jazz練習