奥出直人のJazz的生活


by naohito-okude

芦沢賢一君

一緒に仕事をしている芦沢賢一君と霞町スタジオでミーティング。
c0202370_2355542.jpg



彼はSFC2期生で大学院修了後NTTに入り、その後NTTDocomoに移り、起業。いまはその会社を離れて、KMDで博士課程で勉強をしながら僕のオフィスの活動を助けてくれている。デザイン思考2.0という新しいコンサルティングのパッケージを開発しているのだが、その打ち合わせ。デザイン思考はIDEOの『創造する会社』がでて、次に僕の『デザイン思考の道具箱』がでて、いまでは東京大学のコースにもなっているアイデアを作る方法である。アイデアを作る方法について体系的に説明できる珍しい方法で、このやり方を身に付けるとアイデアやイノベーションが比較的簡単に「誰にでも」つまり天才でなくてもできる。



僕の会社オプティマではここ数年間この方法についてデザイン思考ワークショップというコンサルティングを行ってきた。ところが最近イノベーションは出来たと思うけれど、それを事業化できない、という相談がいくつか来た。話を聞くと一つは会社の事業戦略をまえもって決めてないことが問題だ。イノベーションに価値があったときはプロダクトアウトのように、イノベーションをしてからビジネスを考えようという態度があった。だが簡単にイノベーションを行うことが出来るとなると、イノベーションが経営戦略と一致する必要性、あるいはイノベーションを実際の事業に展開する方法が必要となる。

もうひとつはプロトタイプを作る新しい方法、Tinkeringというが、それがうまく開発プロセスに組み込めないことである。デザイン思考は新しいアイデアを作り出す方法、これをIdeationというが、そこに限定していま普及を始めようとしている。だがそれだけではイノベーションが現実化しない。



このような動きに答えるように、今までのデザイン思考のワークショップに加えて、経営戦略のコンサルを行い、次にデザイン思考でイノベーションを行い、そのあとそれを事業に結びつけるプロセスを考えた。ある程度クライアントと検討をしてめどが立ったので、一般的なパッケージにしようというわけである。

午前中一杯かけて、方向性を決めて、今週中にパッケージを完成させることにした。
[PR]
by naohito-okude | 2009-09-08 23:17 |